シャンプーの正しいやり方で頭皮環境改善!

正しいシャンプーのやり方を知り、頭皮環境の改善を!

シャンプー,正しいやり方

 

  • ぱらぱら落ちてくるふけ
  • 頭皮に痒みが出る
  • 抜け毛が多くなってきた
  • 髪の毛がべたつく

 

などなど…
頭皮環境が最近悪化してきたなと思う時は、もしかしたらあなたのシャンプーの仕方に問題があるのかも知れません。
普段何気なく行っているシャンプーも間違った方法だとあなたの頭皮を過剰に刺激して、上記のようなトラブルを引き起こす原因となっている可能性があるんです。

 

シャンプーのやり方一つで、頭皮の状態は全然変わって来てしまいますからね。
まずは正しいシャンプーのやり方を知り、綺麗でつやっつやな髪の毛を手に入れましょう。

自分でできる!正しいシャンプーのやり方

最初の洗い流しは最低でも1分半!

 

シャンプー前に1分半程度はしっかり水だけで素洗いをして、汚れを落としシャンプーが泡立ちやすい環境を作りましょう。

 

泡立たないから!とシャンプー時に頭を過剰にごしごししてしまうと毛髪にもダメージを与えてしまうので、まずはしっかり汚れを流しましょうね。

 

シャワーは38度前後の少しぬるめの温度に設定し、シャワーヘッドを極力頭皮に近づけるようにして(水圧で汚れを洗い流すため)、爪を立てるのではなく指の腹で頭皮全体を軽く動かし、素洗いをします。

 

これだけで、実は頭皮の汚れの7割程度は落ちてしまっています。

 

 

シャンプーは2回に分けて、しっかり泡立てる

 

水で汚れを流したら、いよいよシャンプーです。
ワックスの整髪料が付いていると泡立ちににくくなるので、シャンプーは2回に分けてするようにしましょう。
※ワックスがついたまま、シャンプーでごしごしすると髪の毛にダメージを与える原因になります。まずはしっかり落としましょう。

 

 

最初のシャンプーはワンプッシュでOKです。
しっかり手のひらで泡立ててから、髪の毛全体の残った汚れを落とします。
この時、ごしごししないように気を付けてくださいね。
かるーく馴染ませる程度で大丈夫です。

 

そして、しっかり水で洗い流したら今度は2回目のシャンプーです。

 

2回目のシャンプーは、最初のシャンプーの量の半分程度で大丈夫です。
半プッシュですね。

 

しっかり手のひらで泡立ててから、髪の毛全体につけましょう。
頭皮をマッサージするように全体をまんべんなく、もみもみする感じです。
そうすると、すごく泡立つのがわかると思います。

 

ここでしっかりマッサージしておくと、頭皮の血行も良くなり、抜け毛対策にも有効です。
ただ、絶対に爪を立てる事はしないよう気を付けてください。髪の毛にダメージを与えてしまいますからね。

 

 

シャンプー後は最低でも3分間しっかりすすぐ

 

シャンプーの洗い残しがあると、痒みやかぶれになってしまう原因となります。

 

シャンプーを洗い流す時間は、シャンプーにかける時間の3倍程度必要ともいわれるくらいです。
しっかり洗い流しましょうね。

 

洗い流しにかける時間の目安は3分程度でOKです。

 

 

トリートメントは毛先につける

 

トリートメントには、コーティング剤が含まれます。
コーティング剤はキューティクルの上からコーティングしてくれるので、髪の毛内部からアミノ酸が流れ出てしまう事を防いでくれます。

 

そんなコーティング剤ですが、頭皮にまでつけてしまうと毛穴詰まりを引き起こし逆効果に…

 

毛先だけにしっかり揉みこむようにして髪の毛の補修を促し、最後はしっかり目に洗い流します。

 

 

タオルドライで頭皮からしっかり水分をふき取る

 

シャンプー後のタオルドライでは、髪の毛同士ではなく、頭皮をごしごしするような感じで水分をふき取ります。
その後、髪の毛は、タオルをかるーくポンポンするくらいでOKです。

 

ここでしっかりタオルドライができていれば、ドライヤーにかける時間も減りますので時短になっていいですよ。

 

 

 

 

どうでしたか?
普段のシャンプーの仕方…間違っていませんでしたか?

 

正しいシャンプーができれば、きっと何だかな…って思っているあなたの髪の毛も大きく変える事ができるでしょう。
早速今夜からできる事だと思いますので試してみてくださいね。

 

 

↓リバースケアというシャンプー方法が斬新!Gokubi-pro(ゴクビプロ)シャンプーの詳細はこちら